首都圏外郭放水路

【首都圏外郭放水路】とういと???を受けべる方も【地下神殿】と言えば、もしかしてアレ?と心当たりがある方が多いのではないでしょうか。

見学のスタート地点の龍Q館

首都圏外郭放水路は大雨の際、小さな河川が氾濫しないように江戸川に排水したり、地下で貯水できる施設です。
普段の生活には身近に存在しない不思議な空間の調圧水槽は予約すれば見学することができます。(有料)

首都圏外郭放水路の全体図

見学コースは3種類。
・立体立坑コース
・ポンプ堪能コース
・地下神殿コース
ちなみに、地下神殿と呼ばれる調圧水槽はどのコースにも見学が含まれています。

地下神殿(調圧水槽)

見学を希望する方はまず予約サイトをチェックしましょう。
各コースの詳しい説明があるので、熟読してから自分の希望するコースを予約しましょう。
予約は1か月前からスタートします。人気の地下神殿コースは比較的開催数が多いですが、立坑とポンプは回数が少ないので、この2コースを希望する方は希望日の1か月前すぐに予約サイトをチェックすることをオススメします。
季節や天気でも変わると思いますが私が行った5月の地下神殿のコンディションは、温度が11度で湿度が90%という寒いのに空気がジメジメというあまり体験したこのないものでした。
その上、見学用に作られている施設ではないので地下への上り下りは自分の足ですることになり、一番移動の少ない地下神殿コースでも約230段ほどの登り下りがあるので、ご自身の体力と相談してコースを決めて下さいね。

立坑からのぞき込むと・・・安全フェンスがあっても背筋がゾクッとします。

見学のスタートとなる龍Q館は駐車場があるので車でのアクセスも可能です。公共交通機関を使用の場合は春日部駅・南桜井駅からバスがあります。詳しいアクセスはこちらを見てくださいね。

受付終了後にもらえるカード

施設の性質上、大雨が降ると見学できないこともあります。
予約日に天候の不安がある場合は予約サイトに見学開催のお知らせが掲載されているので、そちらを確認してからのお出かけをオススメします。
見学スタートの10分前には必ず龍Q館2階で受け付けを済ませて下さいね。受付を済ませるとダムカード?が1人1枚もらえます。
施設内はとても広く足場が悪い(階段だったり、雨とともに入り込んだ土砂が為っていたり)場所などもあり、見学スペースが決められています。
実際にその場に行くと圧倒的な光景にテンションが上がりますが、ご自身の安全の為にも同行している係員の指示には必ず従って下さい。
ルールを守って非日常体験を楽しんでくださいね!!

DATA:

首都圏外郭放水路
URL:http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/gaikaku/
予約サイトはこちら:https://www.gaikaku.jp/
住所:〒344-0111 埼玉県春日部市上金崎720

無料の専用駐車場あり